【シャネル】値上げが続く今こそ手持ちの財布やバッグが売り時と言われる訳

相次ぐハイブランドの値上げ。「CHANEL(シャネル)」も、その例外ではありません。商品の値上げはネガティブなイメージを抱くかもしれませんが、手持ちのアイテムを売却したい場合は今がチャンス!今回の記事ではシャネルの値上げについて取り上げ、その理由や、中古品の買取市場への影響について解説しています。

:シャネルの値上げとその理由

ここ数年「シャネル、値上げしすぎ…?」と言われることもあるほど、頻繁に価格改定が行われています。シャネルの値上げは年に数回行われており、2022年は1年間に4回の価格改定を実施。2023年に入ってからも、3回値上げされているようです。

代表的なバッグ「タイムレス・クラシック マトラッセ」を例としてシャネルの値上げを追っていくと、2020年には585,200円でしたが、直近の2023年9月には1,526,800円と、2.6倍以上にまで跳ね上がっています。シャネルの値上げは、バッグだけでなくジュエリーや時計まで、幅広いアイテムで行われていますが、その理由はどういったところにあるのでしょうか。

まず、原因のひとつとして考えられるのが、原材料費の高騰です。シャネルのマトラッセなどハイブランドのバッグには、上質な革をはじめ最高級の素材が使われています。しかし昨今、上質な牛革が減少し需要に対して供給が追いついていないため、原材料費が高騰して価格に反映せざるを得ない状況なのでしょう。

次に考えられるのが、円安の影響。シャネル製品の多くは海外で作られるため、日本国内で購入する際には、為替の影響を受けやすいのです。円安が進む今は輸入品が高くなるため、頻繁に値上げされていると考えられます。

そのほかの理由としては、新型コロナウィルス感染症の影響です。世界的に経済状況が悪化し、業績が伸び悩む中、やむを得ず値上げをする企業が相次ぎました。シャネルをはじめとするハイブランドの値上げにおいても、新型コロナウィルス感染症が影響しているのでしょう。

:シャネルは今が売り時と言われる訳

シャネルの値上げは、悪いことばかりではありません。というのも、相次ぐ値上げにより新品を購入しにくい状況になり、中古市場の需要が高まっているのです。中古市場におけるシャネルの買取相場にも当然影響があり、高い買取金額で取引されています。そのため「シャネルは今が売り時」と言われているのです。

また、円安の影響から日本で安く購入できるため、以前に比べて海外からの需要が高いことも買取価格に影響しています。

中古アイテムは、新品では手に入らないデザインも魅力のひとつ。現在では入手困難なシャネルのヴィンテージアイテムは人気が高く、買取価格が定価以上になることも。古いシャネルのバッグも、今ならヴィンテージものとして高値で売却できるかもしれませんね。

:売るなら高価買取してもらえる専門店へ

シャネルの売り時と言われる今、手放すなら少しでも高値で買取してもらいたいですよね。そのためには、高価買取の実績がある専門店に依頼するのがおすすめです。

出張買取エコリングでは、現在シャネルの買取を強化中。年間50万点以上の豊富な買取実績があり、独自メンテナンス技術があるため、他社で買取不可と断られた状態の悪いアイテムでも買取可能です。

出張買取エコリングは、日本全国の販売網に加えて海外にも販路を持っているため、買取価格の水準を高く設定して、より多くのアイテムを集めています。また、出張買取のため、担当者が自宅までお伺いして、査定からお支払いまですべての手続きが完了するシステム。店舗が近くになくても、自宅から出ることなくやり取りが完結します。お伺いするのは、社内鑑定士試験を合格した経験豊富な鑑定士です。安心してお任せください。

CV:https://www.ecoring-kaitori.com/brand/

:シャネルは今が売り時!手持ちの財布やバッグをチェックしてみて

今回ご紹介した、シャネルが値上げを行う理由として考えられる円安や原材料費の高騰は、いつまで続くか分かりません。新型コロナウィルス感染症も、世界的に見てほぼ収束しているでしょう。現在シャネルの値上げにより高価買取が実現している中古市場も、引き続き高値で取引できるとは限らないので、売却を考えている場合は本当に今がチャンス。手持ちの財布やバッグ、ジュエリーなど、シャネルのアイテムをチェックしてみましょう。

この記事を書いた人

株式会社エコリングソート 店長(鑑定士)
武田 博文

2008年に株式会社エコリング入社 店長をして長年関西を中心に活動。
お客様が大切にされた商品を、次に大切にしてくださるお客様へつなぐ架け橋になる鑑定士を心掛けて心のこもった鑑定査定をさせて頂きます。